無料のSSL Certbot を入れてみた。

思った以上に親切で簡単

おそらく入っていると思うが、 git をインストール
#yum install -y git

Certbot をダウンロード
#git clone https://github.com/certbot/certbot

もし、fatal: HTTP request failed のエラーが出たら
yum update -y nss curl libcurl で直るかもしれない

Certbot を実行
#cd ~/certbot
#./certbot-auto

※色々パッケージがインストールされる

メールアドレスを聞いてくるので、
If you really want to skip this, you can run the client with
–register-unsafely-without-email but make sure you then backup your account key
from /etc/letsencrypt/accounts

(Enter ‘c’ to cancel): info@kaki.work
のような感じで設定

良くわからないが、許可
——————————————————————————-
Please read the Terms of Service at
https://letsencrypt.org/documents/LE-SA-v1.2-November-15-2017.pdf. You must
agree in order to register with the ACME server at
https://acme-v01.api.letsencrypt.org/directory
——————————————————————————-
(A)gree/(C)ancel: A

Apache に設定されているドメイン一覧が表示される
Which names would you like to activate HTTPS for?
——————————————————————————-
1: aaaa.kaki.work
2: bbbb.kaki.work
3: cccc.kaki.work
4: dddd.kaki.work
5: eeee.kaki.work
——————————————————————————-
Select the appropriate numbers separated by commas and/or spaces, or leave input
blank to select all options shown (Enter ‘c’ to cancel):
数字を入れる Enter なら全てが対象

その後
https://aaaa.kaki.work のような感じでアクセスできた。

あと、3ヶ月くらいで切れてしまうので
cron で 以下を毎日実行させてみる


crontab -e
0 0 * * * /root/certbot/certbot-auto renew --post-hook "sudo service httpd restart"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です