ARKitなどで距離を計測する仕組み

https://wired.jp/2017/09/13/the-physics-behind-the-magical-parallax-effect-running-your-ar-apps/

視差で距離を計測することができるので
加速度センサーを視差とみたてて、距離を割り出しているようです。
なので、基準点を多く表示して画面を平行に振る動作には
距離を計測に必要な作業のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です