Could not find an installed version of Gradle either in Android Studio

> cordova build android
で、ある日突然、以下のエラーが・・・

Could not find an installed version of Gradle either in Android Studio,
or on your system to install the gradle wrapper. Please include gradle
in your path, or install Android Studio

あれ、gradle コマンドにパスが通っていない??

Android Studio はインストールされているし、最近 Android Studio も使っていないのに・・・
でも、フォルダーの日付を見てみると、アップデートが最近あったような

結局、Gradle をダウンロードしてきて、
(https://gradle.org/releases/ の binary-only から)

C:\gradle-6.3 に配置して
環境変数に
GRADLE_HOME C:\gradle-6.3
パスに
%GRADLE_HOME%\bin
を追加したところ、ビルドできた。

以前まで使えていた gradle はどこに行ったんだろう。

スマホアプリ多言語対応

制作と同じくらい動作検証が大変。

【iOSの場合】
アプリは 
「設定」→「一般」→「言語と地域」→「iPhoneの使用言語」を変更すれば
確認できる。
非対応の言語でも、優先順序に対応言語が含まれていたら選択される。

App Store の動作確認が大変
「設定」→上部にある「ユーザ名」→「iTunes と App Store」→「Apple ID」→
「Apple ID を表示」→「国または地域名」→「国または地域を変更」
https://support.apple.com/ja-jp/HT201389

読めない言語に変更した後、戻すのが大変。わかる言語になるまで選び続けるしかないのか。

xampp DocumentRoot Access forbidden! 403

httpd-vhosts.conf を変更して
プロジェクト毎に別のフォルダーを DocumentRoot にしようとすると
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs” 以下の時は問題なかったのに
DocumentRoot “C:/projects/hogehoge\htdocs” のようにすると
Access forbidden! となる。

対処方法は Directory でフォルダーに権限を設定

cordova 決済 stripe クレジットカード情報保存

商品購入時にユーザーに毎回クレジットカード情報を入力してもらうのは使い勝手が悪いので
クレジットカード情報を stripe で保存できる機能を使う必要がありそう。

クライアント(JavaScript)側で実装するのかと勘違い。
cordova-plugin-stripe を調べても見つかるわけがない。

サーバー(phpなど)側で実装する。

【クレジットカード保存してなかった時は】
// オーソリ(与信枠の確保)
$charge = \Stripe\Charge::create(array(
‘amount’ => $_POST[‘amount’],
‘currency’ => ‘jpy’,
‘source’ => $_POST[‘token_id’], // クレジットカードトークン
‘capture’ => false,
));
// 売上の確定
$charge->capture();

【クレジットカードを保存するようにする場合】
// 顧客情報作成
$stripe_customer = \Stripe\Customer::create(array(
‘source’ => $_POST[‘token_id’], // クレジットカードトークン
‘email’ => $_POST[‘email’], // メールアドレス
‘name’ => $_POST[‘customer_name’], // 顧客の名前
));

// オーソリ(与信枠の確保)
$charge = \Stripe\Charge::create(array(
‘amount’ => $_POST[‘amount’],
‘currency’ => ‘jpy’,
‘customer’ => $stripe_customer->id,
‘capture’ => false,
));
// 売上の確定
$charge->capture();

そして、$stripe_customer->id の値を データベース(ユーザー情報)などに保持しておく

【既にクレジットカードを保存している場合】

// データベース(ユーザー情報)から STRIPEの顧客IDを取得
$stripe_customer_id

// オーソリ(与信枠の確保)
$charge = \Stripe\Charge::create(array(
‘amount’ => $_POST[‘amount’],
‘currency’ => ‘jpy’,
‘customer’ => $stripe_customer_id,
‘capture’ => false,
));
// 売上の確定
$charge->capture();

cordova-plugin-firebase から cordova-plugin-firebasex へ

過去の記事でビルドエラーの対策を投稿したが、今後は新たなプラグインに
切り替える必要がありそうです。

cordova-plugin-firebasex

https://github.com/dpa99c/cordova-plugin-firebasex

簡単に移行できるのか?

最低以下の環境にする必要あり。
cordova@9(CLI)
cordova-android@8(Androidプラットフォーム)
cordova-ios@5(iOSプラットフォーム)

プラグインを変更
cordova plugin rm cordova-plugin-firebase
※先に cordova platform rm android しておかないと以下のエラーが
 Uninstalling cordova-plugin-firebase from android
 Error during processing of action! Attempting to revert…

cordova-plugin-firebase を動かすために入れたプラグインはとりあえず外す
自動的に cordova-plugin-firebasex が必要なものは追加してくれるはず
cordova plugin rm cordova-android-firebase-gradle-release
cordova plugin rm cordova-android-play-services-gradle-release

firebasex を入れてみる
cordova plugin add cordova-plugin-firebasex

① onNotificationOpen() を onMessageReceived() に変更

② hasPermission の判定方法変更
if( device.platform == “iOS” ) {
window.FirebasePlugin.hasPermission(function(hasPermission){
if (hasPermission) {
console.log(“Permission to receive notification is granted.”);
} else {
console.log(“Permission to receive notification is NOT granted.”);
window.FirebasePlugin.grantPermission();
}
});
}

③ notification.tap の判定方法変更 おそらく文字列 ”foreground” もしくは “background” で判断
window.FirebasePlugin.onMessageReceived(function(notification) {
console.log(“FirebasePlugin.onMessageReceived”);

console.log(JSON.stringify(notification));

// タップして起動した場合
console.log(“Message type: ” + notification.messageType);
if(notification.messageType === “notification”){
alert(“Notification message received”);
if(notification.tap){
alert(“Tapped in ” + notification.tap);
// “foreground” もしくは “background”
}
}

// firebase からの送信時は notification.message は設定されない

if (typeof cordova !== “undefined”) {
navigator.notification.alert(
notification.message, // message(JSONで追加して送信している情報)
//notification.body, // body
onAlertDismissed, // callback
notification.title, // title
‘閉じる’ // buttonName
);

/*
if( device.platform == “Android” ) {
cordova.plugins.notification.badge.increase();
}
*/

} else {
alert(“The notification is open!”);
}
}, function(error) {
console.log(error);
});

これだけで、すんなり、そのまま動いた!!

ios 版はやはり、mac で platform add するのがよさそう。 windowsだと pod を正しくインストールできない
cordova platform rm ios
cordova platform add ios@latest

ssh でのセキュリティ rbash でいいかも

/etc/ssh/sshd_config に
ChrootDirectory を設定して、親フォルダを見れないようにするの
コマンドをコピーしたりなどで、なかなかうまくいかない。

親フォルダのパスは見えてしまうが rbash シェルを作るのが手っ取り早いかも。

ゲストユーザーは sudo や root できないように

/etc/pam.d/su を編集し、以下を有効にして
auth required pam_wheel.so use_uid

wheel グループに、 root 権限を持たせるユーザーだけを追加
vi /etc/group

FBSDKCoreKit/FBSDKCoreKit.h’ file not found cordova-plugin-faceboook4 v6.2.0

cordova-plugin-facebook4 が v5.0.0 の時はエラーがでなかったが
v6.2.0 になり、xcode でビルドしようとすると FBSDKCoreKit.h が見つからないエラー

結果、
xcode のプロジェクトを
xxxx.xcodeproj から起動していたのを
xxxx.xcworkspace から起動すれば正常にビルドできた。

2日間は悩んだ。公式サイトをじっくり確認するべきだった。
https://github.com/jeduan/cordova-plugin-facebook4/issues/820

cordova platform add ios は mac で行わないと podが正しくアップデートされない。