bootbox.alert を実行するとすぐにダイアログが閉じる

button だとダメ、 a タグだと大丈夫。
jQuery の処理で閉じられているので、そのあたりも調べる必要ありそう

cordova で fcm を使うためGoogleService-Info.plist を追加したところでエラーが発生する

iOS で いつも通りに
GoogleService-Info.plist
を root に追加して、コンパイルすると以下のエラーが発生した。

Terminating app due to uncaught exception ‘com.firebase.core’, reason: ‘Configuration fails. It may be caused by an invalid GOOGLE_APP_ID in GoogleService-Info.plist or set in the customized options.’

原因は
Resources / Resources フォルダーに 既に GoogleService-Info.plist が入っていたこと
何で急に入るようになったのか。

とりあえず、勝手に入っているファイルを上書きしてコンパイルが通るようになった。

iOS で FCM

以前より送るための準備(設定)の手間が増えていた。

Android だと、設定ほとんどなく送れたのに・・・

Apple Developer サイト Certificates, Identifiers & Profiles にて

Identifiers の AppIDs に Push Notifications をチェックするのは必要
Configurable の状態のままでも大丈夫。

そして
Create New Key が必要。

Key Description は適当に バンドルIDのピリオドを 半角スペースにした名前にしてみた
com.hogehoge.app

com hogehoge app push

①Key ID と ②AuthKey_[KEY ID].p8 ファイルを手に入れることができる

あと、Apple Developer サイト Membership Details にて
③Team ID も必要になる

firebase サイト 設定 → クラウドメッセージング の
iOS アプリの設定 より
②AuthKey_[KEY ID].p8
①Key ID
③Team ID
を設定

xcode から Certificates, Identifiers & Profiles は更新される

■ Certificates
マシン名と ユーザー名が記載されているので、作成したマシンとユーザーの記載があるものが
xcodeから作られたとわかる

■ Identifiers
先頭に XC で始まり、バンドルIDが表示されている。
xcode で作ったから XC なのかな。

cordova で iOS の時、バウンドが発生しwebViewだとわかりやすい

config.xml に以下を追加

config.xml にはある程度のものを追加する必要がある

※ Cordova 6.3.1 から Cordova 7.1.0 にアップデートしてからは解消された。

mac でテキストエディタ

色々あるんだと思うけど、windowsでも使いやすい
visual studio code が良いかな。

Apple Store ではインストールできない?ので
以下からダウンロード
https://code.visualstudio.com/download

ダウンロードファイルを実行(ダブルクリック)することでインストール完了と
思ったが、mac を再起動するとランチャーから消えていた。

アプリはダウンロードフォルダーに置かれたままだったので
アプリケーションフォルダーに移動させる。

cordova で PUSH 通知、結局 cordova-plugin-fcm

以前はサックっと使えたので久しぶりだったがうまくいくと思っていたら
色々とうまくいかなかった。

 visual studio のプラグイン一覧には phonegap-plugin-push なので
 こちらを入れてみようとしたが
 2.2.3 は cordovaのバージョンを 7.1.0 以上を入れる必要があると警告がでる
 無視して使ってみたが
 結局ライブラリがインストールされておらず
 PushNotification.init 時点で undefine でエラーとなる。

 cordova を 7.1.0 にするために
 npm install -g cordova@7.1.0 などでインストールしてみるが
 visual studio の config.xml で 7.1.0 選択してみるがダメ。
config.xml を直接
 6.3.1
 ↓
 7.1.0
 などしても、結果は同じ

 あきらめて
 cordova-plugin-fcm を カスタムインストールでプラグインID指定してインストール
 すると
 Error: File path too long on Windows, keep below 240 characters
 のエラーが発生、こんな制限があるなんて思わず、仕方なく
 visual studio のプロジェクトの配置パスをc:\cordova\project のように短くして
 インストールできた。
 このような制限がある、プラグインは使いたくないが・・・

 firebase cloud message を使用するので、以下のファイルを配置して 
 google-services.json
 GoogleService-Info.plist

 あとは、deviceready イベント後に
FCMPlugin.onNotification
 で、イベントが届くことが確認できた。

logrotate で virtual host をまとめて設定

以下のようにフォルダーに * を入れたらよかった

/var/www/vhost/*/log/*log {
missingok
rotate 5
notifempty
sharedscripts
delaycompress
postrotate
/sbin/service httpd reload > /dev/null 2>/dev/null || true
endscript
}

動作確認方法は
logrotate -dv /etc/logrotate.d/httpd

-d を付けると実行せず確認できる

ERROR: Plugin ‘File’ not found, or is not a CDVPlugin. Check your plugin mapping in config.xml.

実行しようとすると以下のようなエラーが発生
ERROR: Plugin ‘File’ not found, or is not a CDVPlugin. Check your plugin mapping in config.xml.
ERROR: Plugin ‘NetworkStatus’ not found, or is not a CDVPlugin. Check your plugin mapping in config.xml.

config.xml
に追加の必要がありそうだが、何を書いて良いのか分からない

コマンドラインで cordova のプロジェクトを作成し、そこに
$cordova plugin add cordova-plugin-file
として、追加し、 config.xml を確認してみる

の行が追加されていたので、同じく追加してみるとエラーがなくなった
面倒。

参考: