スマホなどのブラウザでAR

A-Frame と AR.js を利用すれば簡単にブラウザでARコンテンツを作れた。
キャプチャー時に video部分と 3Dモデル部分が同時に撮れず悩んだが
画像をマージすることで解決。

Unity + Vuforia で作らなくてもある程度の事はできそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です